在宅勤務文化とサイバーセキュリティ

www.expresscomputer.in

「Cybersecurity trends to watch out for(注意すべきサイバーセキュリティのトレンド)」という記事が公開されており、この中で新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、生み出された新しい在宅勤務文化で、ファイアウォールやネットワーク侵入検知システムなどの従来のアクセス制御を介して、セキュリティで保護されていないホームネットワークを監視することが困難になっているという報告がされている。

これを改善するためには、デバイスや利用者のロケーションに依存しない「SASE(Secure Access Service Edge,セキュアアクセスサービスエッジ)」やスマートフォンタブレットを一括で監視できるモバイルデバイス管理(MDM)ツールを利用することを推奨する。

日本では、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく措置である緊急事態宣言の解除とともに、在宅勤務する人は少数となっているが、在宅勤務という1つの勤務体制はこれからも残るので、これらのツールを活用し、サイバーセキュリティに備える必要がある。