2022年もIoTデバイスへの攻撃が増加する

pedfire.com

「The Five Biggest Cyber Security Trends In 2022(2022年のサイバーセキュリティの5大トレンド)」という記事が公開されていたが、この中でIoTとして知られる接続デバイスの数は2022年までに180億に達すると予測されており、接続デバイスが増えることで、サイバー攻撃(犯罪)者の潜在的なアクセスポイントの数が大幅に増加する。このため、2022年もIoTデバイスへの攻撃が増加すると予測される。攻撃を防ぐためには、ネットワークに接続、またはアクセスを許可できる全ての接続デバイスの徹底的な監査が必要になってくる。さらにサイバー攻撃(犯罪)者が侵入する可能性のある脆弱性への理解も必要である。