リモートワーク(在宅勤務)でのセキュリティの落とし穴

リモートワーク(在宅勤務)でのセキュリティの落とし穴について書きます。

新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大により、企業の労働者・従業員・会社員がリモートワーク(在宅勤務)になり、「プライベートと仕事の境界線が曖昧になる」ことで、セキュリティ上の脅威が発生し、新たな課題が出てくる。

例えば、企業の労働者・従業員・会社員が職場で、個人所有のデバイスを使って仕事をすることは多いですが、従業員が知らず知らずにマルウェアなどに感染し、感染したモバイルデバイススマートフォン)を職場に持ち込むことを、IT部門やセキュリティチームは懸念しています。

また、フィッシングメール詐欺で、怪しいウェブサイトをクリックしたりした場合、必ずIT部門やセキュリティチームに報告すると答えた従業員は少ない。これが、リモートワーク(在宅勤務)中であっても、報告する人は少ない。

なので、企業・組織のIT部門やセキュリティチームは体制を整えることなどは重要である。