多くのセキュリティ監視ツール導入で混乱。

venturebeat.com

 

海外のサイバーセキュリティ関連の記事をチェックすると、「Enterprises struggle with security monitoring ‘tool sprawl’(企業はセキュリティ監視のツールの無秩序な増加」に苦しんでいます)」という記事が公開されていた。

記事内では「企業が導入しているセキュリティ監視ツールは平均で29個あり、セキュリティオペレーションセンター(SOC)が、警告の優先順位を決めたり、サイバーリスクを効果的に管理したりする上で複雑な問題になっている」ということが報告されている。複数のセキュリティ監視ツールを導入しないと、脅威に対応できないということか。これらの監視ツールを、AI(人工知能)や機械学習を活用して、複雑になっている取り組みを、もっとシンプルに取り組めるようになればよいと考える。