生体認証は必ずしも安全とは言えない。

生体認証は「なりすまし」のリスクが低く、元データのコピーが難しいですが、必ずしも安全かというとそうではない。

民間が販売している3Dプリント機器と、ユーザーの指紋をスキャンするだけで、指紋読み取りシステムを欺くことができる指紋を、3Dプリントで製作できる。

十分なリソースを持つ、サイバー犯罪(攻撃)者であれば、生体認証を欺くための指紋クローニング技術を開発できてしまう。

世の中に生体認証が提供された一方で、生体認証を欺く新しいタイプの攻撃の可能性があるということを、認識しなければいけない。