中小企業はサイバー犯罪の標的になりやすい!?

www.helpnetsecurity.com

「SMEs still an easy target for cybercriminals 中小企業は依然としてサイバー犯罪の標的になりやすい」という記事が公開されていたが、この記事の中で、中小企業の51%がサイバーセキュリティ違反を経験しているということが報告されている。これは海外の記事ではあるが、日本においても、同じくらいはサイバーセキュリティ違反を経験している中小企業が存在するのではと考える。中小企業の51%は、サイバーセキュリティ違反を経験しているが、中小企業では、サイバーセキュリティを導入しているところもあれば、コストの面で何も行っていないところもある。現状、サイバーセキュリティを何も行っていないところは、サイバー侵害の経済的影響から回復できず、顧客の信頼を失う可能性もあるので、サイバーセキュリティを導入した方が良い。