サイバー攻撃の半分ほどは内部の脅威によるもの。

www.softactivity.com

今回も「Mind-blowing Cybersecurity Statistics in 2021(2021年のサイバーセキュリティに関する統計を発表)」という記事で、気になったことをピックアップして考えを述べる。「サイバー攻撃の60%は内部の脅威によるものであり、残念ながら検出が難しく、非常に高額となる」といったことが書かれている。サイバー攻撃は、何も外部だけの攻撃ではなく、内部からの攻撃も行われる可能性があることを念頭におく必要がある。企業・組織の誰もが内部脅威を引き起こす可能性はゼロではない。また一部になったりすることも考えられる。そのため、従業員監視ソフトウェアを導入することで、企業・組織内のユーザーからの異常な動作を検出し、保護する必要がある。