サイバーセキュリティアウトソーシング

今回は、サイバーセキュリティアウトソーシングについて書きます。

中小企業にとって、セキュリティを維持するために何が必要かを知り、計画を立てることは、重要です。また、サイバー攻撃は増加しており、中小企業にとっては、増大する脅威から身を守ることが極めて重要である。小さな侵害であっても、問題の調査と解決に時間と費用がかかるため、経済的に不利な状況に陥る恐れがある。

増大する脅威から身を守るは重要ではあるが、サイバーセキュリティの分野では、有益なサービスが数多く提供されており、その中から技術を理解していない企業がサービスを選択するのは、とても分かりにくく面倒です。このような場合に、サイバーセキュリティをアウトソーシングするという選択をとることで、脅威から身を守ることができます。

サイバーセキュリティをアウトソーシングすることで、仮にクラウドの導入、監視、セキュリティを行う場合には、中小企業の社内のチームで対応するよりも、サイバーセキュリティ・サービスの方が、時間、スキル、専門性の面で優れた対応ができます。また、フルタイムのスタッフ(人材)を雇ったり、雇用した場合に発生する多額の月給を支払う必要がなくなるかもしれません。人件費削減。

さらに、社内にセキュリティチームを持っている場合は、サイバーセキュリティをアウトソーシングすることで、ITセキュリティに関するより戦略的な助言(アドバイス)、もしくは、サイバー攻撃からの防御方法に関する戦略的なアドバイスを得ることができます。