2021年までの世界中のサイバーセキュリティへの支出

世界中のサイバーセキュリティへの支出について書いてみる。

2017年から2021年までの世界中のサイバーセキュリティへの支出

https://www.statista.com/statistics/991304/worldwide-cybersecurity-spending/)予測が公開されている。

コロナウイルス(COVID-19)の影響を考慮すると、サイバーセキュリティ市場は2021年までに540億米ドルを超えると予測されている。

コロナウイルス(COVID-19)の影響で、世界中の多くの組織・企業がリモート作業,リモートワークに切り替わり、クラウドサービスに依存している。そのため、機密データの保護を確実にするために、サイバーセキュリティへの支出は重要な優先事項となっている。

サイバーセキュリティへの支出は重要な優先事項となっているが、10,000人を超えるような従業員を抱える大企業は、セキュリティに関して多くの予算を費やす傾向があり、中堅企業は、予算が少なくなる。

もし、サイバーセキュリティの予算を立てるのであれば、企業が直面する「すべての脅威を解決する」ために、予算を組むことは不可能であり、望ましいことではない。

予算を組むのであれば、企業は、重要なビジネス・リスクを分析する必要があります。例えば、評判の低下、ビジネスの喪失、金銭的損失、機密データの漏洩につながる可能性があるのかを分析します。

リスクを分析するツールを使用し、脅威を定量化、数値化することで、不測の突然の脅威に即座に対処するために企業が準備しなければならない分野を理解することができ、それに応じた予算を組むことができます。