スキル不足と誤検知を解決するためにAIとセキュリティの自動化

サイバーセキュリティのスキル不足と誤検知を解決するためにAIとセキュリティの自動化を行う必要があります。

サイバーセキュリティの人材にも限りがあり、また採用するにもサイバーセキュリティの人材が不足している現状があります。

よって、セキュリティ自動化やAIを導入することで、企業・組織のIT部門、セキュリティチームの負担を軽減することができます。負担を軽減した分、IT部門、セキュリティチームが他の業務に集中できることにも繋がります。

また、AIを導入することで、誤検知を検出できるため、これもまた誤検知に対応する時間が削減され、IT部門、セキュリティチームが他の業務、もしくは本当に重要なサイバー脅威に集中できます。