クラウドベースのサービスとセキュリティ

企業は管理する資産をできるだけ少なくし、セットアップを簡素化したプラットフォームやサービスを求めており、これがクラウドとなる。クラウドホスティングを利用すれば、ローカル上にサーバーやソフトウェアを用意することはなく、リアルタイムで資産やビジネスの状況を確認できます。セキュリティにおいても、機器の設定や不具合の修正、セキュリティシステムの保守やアップグレードなどを、遠隔で提供することができる。これらのクラウドの利点から、中小企業から大企業まで、多くの企業がクラウドベースのセキュリティソリューションやサービスを活用する動きが、2022年は加速すると予測される。