職場の近代化(デジタル変革)によりインサイダー脅威が最前線に

www.nextgov.com

「Modernizing Federal Cybersecurity Must Go Beyond Nation-State Defense(連邦政府のサイバーセキュリティの近代化は、国家防衛を超えるものでなければならない。)」という記事が公開されており、この中で、気になることが書かれていたので紹介する。世界的な新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、企業や組織はデジタル化へのシフトを加速し、従業員はリモートで作業することを余儀なくされ、その結果、デジタル変革を成し遂げることができた。このことで、クラウドベースのコラボレーション・プラットフォームやテクノロジーを採用したことで、プロジェクトの完了を早め、従業員がファイルにシームレスにアクセスし、リアルタイムでコラボレーションできるようになったが、それは逆に従業員が意図的に、もしくは無意識のうちにデータを流出させることも容易になったことを意味していると指摘している。

また、クラウドストレージやコラボレーションプラットフォームでのファイル共有が容易になったことが主な原因で、新型コロナウイルス感染症の流行前と比較し、現在の従業員がファイルを流出させる可能性は高くなっていると報告されている。