デジタルIDによるなりすまし従業員

www.trustwave.com

 

「Cybersecurity in the Year Ahead(これからの時代のサイバーセキュリティ)」という記事が公開されていた。この記事の中で気になることが書かれていたので、紹介する。

コロナウイルス感染症の感染拡大により、リモート作業とハイブリッド作業の増えているが、大規模な効果的なIDおよびアクセス管理が重要になってきている。サイバー攻撃(犯罪)者が、デジタルIDの盗難に成功すると、従業員に自由になりすますことができ、しかも、このなりすまし従業員は、無数の場所、タイムゾーンに存在し、企業の営業時間外にファイルにアクセスできる。さらに、なりすまし従業員(悪意のある人物)と実際の従業員を区別するのは難しい。そして区別するための費用も高額である。IDおよびアクセス管理を改善し、課題に対処することは、今後の企業・組織において重要である。