感染した添付ファイルまたは安全でないURLをダブルクリックする

より多くの企業や組織が、サイバーセキュリティ文化を構築することに価値を見出しています。しかし、侵害のほとんどが人為的ミスであり、この人間的要素、ヒューマンエラーは、悪意のあるハッカーサイバー攻撃者に侵入してくださいと言わんばかりである。ヒューマンエラーの中には、企業のスタッフが企業で使用しているデバイスを紛失したり、弱いパスワードを使用したりすることが挙げられている。また、最も一般的なエラーは、「感染した添付ファイルまたは安全でないURLをダブルクリックする」というもので、2022年になっているが、未だにこのようなことで侵害が発生してしまうのは、人の行動は変わらないということを意味しているのか。はたまた、企業はハードウェアとソフトウェアを保護するセキュリティソリューションに多くの金額を費やしているが、セキュリティについて従業員を教育するという行為を無視しているのか。どちらにしても問題である。