リモート及びハイブリッド作業に移行すると攻撃対象領域は大きくなる

www.helpnetsecurity.com

 

「Attack surface larger than ever as organizations shift to remote and hybrid work(リモートワークやハイブリッドワークへの移行に伴い、攻撃対象が拡大)」という記事が公開されていました。リモートワークやハイブリッドワークが普及したことで、エンドユーザー(機器などを業務で実際に操作し利用する人)が、どこにいても仕事ができるようになり、場合によっては、個人所有のデバイスを使ってクラウドアプリケーションや組織・企業のリソースにアクセスすることが容易にできてしまいます。これは、つまり、サイバー攻撃、またはサイバー犯罪の対象がこれまで以上に拡大したということを意味します。

多くのIT企業が、これらの防御策に苦慮している現状があります。また、今回紹介した記事内で、企業・組織が、リモートワークやハイブリッドワークに移行するにつれ、手順や管理が複雑になっているという調査結果も書かれており、リモートワークやハイブリッドワークは、労働者、作業員、スタッフにとっては便利なものかもしれませんが、企業・組織においては、懸念がある。