デジタル詐欺(モバイル決済、フィッシング)の発生率の上昇。

www.helpnetsecurity.com

 

「不正の検出と防止の市場規模は2028年までに627億ドルに達する(Fraud detection and prevention market size to reach $62.7 billion by 2028)」という記事が公開されていました。今後も、モバイル決済詐欺やフィッシング詐欺、クレジットカード詐欺などの発生件数が増加すると予想されています。現状でも、デジタルでの詐欺事件が増加しているにもかかわらず、企業・組織は、消費者にデジタルでサービスを提供し続けています。サイバー攻撃(犯罪)者からの防御策として単一のツールなどを導入したり、それに依存したりする傾向がありますが、これは、不正行為のリスクを高めることに繋がります。

ですので、サイバー攻撃(犯罪)者の手口を理解し、企業・組織、また消費者を教育することは、デジタル上の詐欺から身を守るためには大事です。