階層化されたセキュリティは不可欠

階層化されたセキュリティでは、なりすまし防止などの不正防止対策のために、マルチモーダル(複数の手段による)生体認証(バイオメトリクス)の組み合わせが含まれます。階層化されたセキュリティにすることで、サイバー攻撃(犯罪)者による不正の試みを迅速に検出し、誤検知の数を劇的に減らしますことができます。

また、階層化されたセキュリティを使用することで、安全に顧客を保護することができます。