企業がパスワードログインからの脱却を図り、多要素認証が急増。

www.helpnetsecurity.com

 

「Multi-factor authentications soar as enterprises move away from passwords to secure hybrid workers(ハイブリッド・ワーカーを保護するために企業がパスワードからの脱却を図る中、多要素認証が急増)」という記事が公開されていたので読んでみると、多要素認証の総数は、過去1年間で39%増加し、さらに生体認証も増加していると報告されている。多要素認証を用いることで、ログインエクスペリエンスの向上や、セキュリティが強化できるので、パスワードによるログインよりも良い。これからは、パスワードからのログインよりも、多要素認証や生体認証といったものが主流になっていくのか。はたまた、新しい認証方法が発案されて普及するのか。企業・組織のセキュリティ対策では、ここら辺はしっかり押さえておきたい。