ハッカーの資格(クレデンシャル)の偽造。

ハッカーサイバー攻撃(犯罪)者を含む)は、年々、アクセス権を取得するための資格(クレデンシャル)の偽造が巧みになってきています。

クラウドベースのサーバーなどをターゲットとし、ハッカーは、オペレーティングシステムの弱点を悪用する、または、資格(クレデンシャル)、認証情報を偽造することで、機密情報にアクセスし、企業・組織から金銭を強要することが簡単にできてしまう。