人材不足により自動化と自動修復が必要不可欠

www.cybersecurityintelligence.com

「Security Trends For 2022 - The Need For Talent & Cloud Migration(2022年のセキュリティ動向 - 人材の確保とクラウド移行が必要)」という記事が公開されていた。この記事の中で、サイバーセキュリティの専門家や、サイバーセキュリティに関する知識を持った者が不足し、需要の高まりに対応するのは常に困難であると考えられていると書かれている。人材不足をすぐに解消することはできないので、サイバーセキュリティの問題解決のためには、自動化と自動修復が必要不可欠となってくる。これらのツールは、環境の変化に適応し、自社内やクラウドなどのハイブリッド環境等で構築する必要がある。