クラウドでのデータ保護とAI(人工知能)の活用

www.forbes.com

「Cybersecurity: What To Watch In 2022(サイバーセキュリティ 2022年の注目点)」という記事が公開されており、この中で気になることが書かれていたので紹介する。世界的にクラウドの採用・導入は増加しており、採用・導入が増加したことで、クラウドに対してのランサムウェアやデータ漏洩などの脅威も増加している。2022年は、以前よりも、クラウドでデータを保護するためのさらなる投資が必要となると予測されている。さらに、クラウドワークロードの動的な性質により、データを保護するためには、AI(人工知能)の活用が非常に重要となってくるので、2022年は、AI(人工知能)の活用も増加しそうである。