サイバー犯罪に対する教育は企業の武器

サイバー犯罪に対する教育は企業においての武器であるが、サイバーセキュリティスキルのギャップに対処することは難しい。日本の企業や組織においても、このギャップが改善されていないところは多いと考える。また、世界的に見ても、熟練したサイバーセキュリティスキルを持った要員は不足している。不足しているということは、組織と組織の自己防衛能力に直接、もしくは重大な影響を及ぼす。不足を補う上では、外部のサイバーセキュリティの専門家を雇うことや、人工知能(AI)の導入することでカバーできるが、いかにこれらを管理できるかにもよるので、やはりサイバーセキュリティの知識は身につけておいた方が良い。