IDセキュリティとデータプライバシー

サイバー攻撃の形態の中で「個人情報の盗難」というものがあり、これは最も一般的な形態である。被害者となる人たちは1日に何度も自分のアカウントにログインおよびログアウトします。これらのアカウントの多くは、名前、誕生日、携帯電話番号など、サイバー攻撃の防御に対しては弱いものとなっています。セキュリティが低下し、ハッキングやデータの盗難が容易になるため、パスワードジェネレータを用いて、安全で複雑なパスワードを使用する、さらにパスワードを覚える必要のない、パスワード管理ツールを用いることで、個人情報の盗難を防止することができる。