サイバー攻撃者がAI(人工知能)と機械学習(ML)を悪用する

サイバー攻撃者がAIと機械学習(ML)を悪用することについて書きます。

サイバーセキュリティにおいて、AI(人工知能)と機械学習(ML)の使用で、サイバー脅威(サイバー攻撃者による攻撃)を最小限に抑え、重要なインフラストラクチャを保護し、不要な侵入を阻止することができます。

しかし、このAI(人工知能)と機械学習(ML)は、サイバー攻撃者(犯罪者)も使用することができます。サイバー攻撃者はAI(人工知能)と機械学習(ML)を使用し、古いマルウェアの新しい亜種が作成できます。また、自動的に脆弱性を発見し、パスワードを推測し、CAPTCHA(キャプチャ)認証を破り、音声を複製することも可能です。

つまり、サイバー攻撃が自動化され、大規模な攻撃が容易にできてしまうことを意味します。まるで、これは映画「ターミネーター」のようなロボット同士が戦うようなものだ。