悪意のあるAI(人工知能)が世の中に溢れる!?

marketbusinessnews.com

「2022年に注目すべきサイバーセキュリティのトレンド - オンライン上の安全を脅かす6つのポイント(Cyber Security Trends to Watch in 2022 — 6 Things That Could Compromise Your Safety Online)」という記事が公開されており、この中で気になることが書かれていたので紹介する。それは、フィッシングメールやなりすましキャンペーンは、人間(サイバー攻撃者,犯罪者)によって作成されているが、今後はAI(人工知能)で作成される可能性がじゅうぶんにあるということ。人間ができることも、代わりにAI(人工知能)が行えるようになってきているので、この差は縮まりつつある。最終的に、AI(人工知能)は人間よりもパスワードやその他の機密データを渡すように説得することにたけることが考えられる。