情報漏えいの原因は「人的要素」。

アメリカの大手電気通信事業者ベライゾン」が、2021年の情報漏えい調査レポート(https://www.verizon.com/business/en-sg/resources/reports/dbir/)が公開されており、2021年に発生した数十万件の情報漏えいのうち、85%は「人的要素」によるものという結果が出ています。企業・組織の従業員が、セキュリティの影響で、仕事で間違いを犯したことを、「非常に」または「かなり」確信していると回答している。

この結果から、AI(人工知能)で強化されたサイバーセキュリティがこれらの問題を解決する鍵となることはじゅうぶんに考えれる。また、企業・組織においてのサイバーセキュリティトレーニングも、AIツールを使用する方法について学ぶ必要がある。