ネットに接続されたトラフィックの80%以上が暗号化されている。

インターネットに接続されたトラフィックの80%以上が暗号化されている。つまり、一般ユーザーだけでなく、暗号化されたチャネルもサイバー攻撃(犯罪)者は使用する。さらに、年々サイバー攻撃(犯罪)者の戦術は洗練されており、企業や組織は、暗号化された攻撃をどう防ぐかという課題に直面する。

この問題を解決するためには、Webトラフィックの検疫が必要になってくる。すべての暗号化されたトラフィックを検査し、暗号化された攻撃を防ぐ。