データバックアップの普及で身代金を支払う必要がなくなる

サイバー攻撃(犯罪)者はランサムウェアを使用し、企業や組織のデータを暗号化。暗号化後、データを復号化する前に身代金を支払う必要があることを要求していました。

要求してきていましたが、データバックアップの普及したことで、企業や組織はバックアップのコピーをいつでも使用できるため、サイバー攻撃(犯罪)者に、身代金を支払う必要がなくなりました。

だが、サイバー攻撃(犯罪)者は、新しい方法で企業や組織のデータを狙っています。また、身代金を支払わなかった場合に、サイバー攻撃(犯罪)者は、機密データをオンライン上に投稿する、もしくはオークションにかけたりする可能性はじゅうぶんに考えられる。