パッチが当たっていない脆弱性はシステムへの攻撃が最も多い

ハッカーサイバー攻撃者は、企業・組織を攻撃する際に、バグやその他の脆弱性などの抜け道を探します。パッチが当たっていない脆弱性があるということは、わざわざ抜け道を教えているようなものです。

そのため、パッチマネジメントは、サイバーセキュリティの重要な手法です。システムに脆弱性がないかどうかをテストする継続的なプロセスがパッチマネジメントには含まれます。

パッチマネジメントを行う際は、信頼できるネットワークとセキュリティの監査を専門とする会社に作業を委託すると良い。