特権ユーザーの乱用。

特権ユーザーは、重要なITシステムやネットワークアプリケーション、会社の機密データにアクセスすることが容易できます。もし、特権が乱用され、データが流出してしまった場合に、乱用されたことを特定するのに、30%以上は、数か月、場合によっては数年かかると推定されています。特定するのには、時間がかかりますし、このようなことになってしまっては遅いので、従業員監視ソフトウェアを導入し、様々なユーザーを識別し、追跡できるようにしておいた方が良い。