5Gネットワ​​ークとサイバーセキュリティ

5Gネットワ​​ークとサイバーセキュリティについて書きます。

5Gは、仮想世界と現実世界をつなぐものである。5Gは、ネットワーク機能の分解、仮想化、分散化を基本としている。

このような収束は、サイバー攻撃の新たなポイントを露出させると同時に、サイバーセキュリティ管理の課題になる。

さらに、仮想世界と現実世界がつながることで、特定のネットワークインフラが侵害されると、その影響はデジタルの世界だけにとどまらないことを意味する。

サイバー攻撃者(犯罪者)は、センサーやカメラなどの接続された物理デバイスを標的にし、これを乗っ取り、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃に利用することができます。

また、5Gは、企業、産業、IoTサービスと連携しています。5Gが先進的な企業、産業、IoTの双方の間のやり取りを含むように拡大していくと、侵害された場合には、重要なインフラサービスがより大きなリスクにさらされることになります。

5Gネットワークがより複雑に、帯域が拡大し、超高速回線へのアクセスが可能になると、サイバー攻撃者(犯罪者),ハッカーの行動範囲が広がり、より効率的に攻撃を実行できるようになるため、オフィス外のユーザーやデバイスはこれまで以上に脆弱になる。さらに、サイバー攻撃者(犯罪者),ハッカーにとってはより大きな標的への攻撃が可能となる。