ハイブリッドワーカーにとって、ゼロトラストは重要である

ハイブリッドワーカーにとって、ゼロトラストは重要である。ハイブリッドワーカーとは、離れた場所からの遠隔作業とインオフィス作業(オフィスへ出向き作業)の両方からなる従業員のことで、職場でも、自宅でも、外出先でも、いつでもどこでも仕事にアクセスすることが可能です。

職場でも、自宅でも、外出先でも、いつでもどこでも仕事ができるため、企業・組織のアプリケーションへのアクセスを許可する前に、従業員を認証および検証する必要がある。また、従業員が機密データにリアルタイムでアクセスする必要があるかどうかを継続的にチェックする必要が、企業・組織のIT部門やセキュリティチームにはある。