サイバー犯罪(サイバー攻撃)と貧困問題

サイバー犯罪(サイバー攻撃)と貧困問題について書きます。

サイバー犯罪(サイバー攻撃)は不平等を助長するものであると同時に、不平等によって引き起こされる。

発展途上国に住むエンジニアやコンピュータに興味のある人たちは、先進国の人たちに比べて、自分の技術に見合った報酬、収入を得ることは極めて難しい。そのため、サイバー犯罪(サイバー攻撃)で得られる収入は魅力的なものであり、サイバー犯罪(サイバー攻撃)にはしってしまうことがある。彼らの収入源の一つとなるのが、フィッシング詐欺などの「ランサムウェア攻撃」である。

サイバー犯罪(サイバー攻撃)と貧困問題には関連があり、失業率を下げる、もしくは貧困率を下げるためのプログラムや政策を国が行う必要がある。また、政府は、より多くの雇用を創出し、失業者の若者に仕事を提供する必要がある。