フィッシングの試みを見つけるために従業員を訓練する

www.washingtonpost.com

 

「Don’t be that employee: How to avoid ransomware attacks at work(職場でランサムウェア攻撃を回避する方法)」という記事が公開されており、この中でフィッシング詐欺を見破るための社員教育について書かれていた。これは興味深いものであった。それは何かというと、ドイツのある大学の研究では、従業員のフィッシング詐欺を見分ける能力は、最初のトレーニングからわずか6カ月で低下し、ビデオや対話型のトレーニングコースが最も効果的であることが報告されているというもの。従業員に対して、頻繁なトレーニングにより、フィッシングの試みを特定する能力が向上することがわかっているので、企業や組織は従業員に対して頻繁なトレーニングを行うことが大切である。