パスワードマネージャーで資格情報を監視する

パスワードマネージャーで資格情報を監視する。Googleの統計によると、パスワードマネージャーを使用しているのはアメリカ人のわずか15%となっています。

とても少ない数字ですが、パスワードマネージャーは、高セキュリティのパスワードを生成し、このパスワードを使用し、資格情報を保護することができます。さらに、パスワードマネージャーはすべてのデータを暗号化されます。そのため、パスワードを解読することはできません。

他にも、パスワードマネージャーは、新しいアカウントを作成する度に新しいパスワードを作ったり、考え出す必要はありません。パスワードマネージャーを入力するには、1つのマスターパスワードを作成し覚えておけばOKです。