膨大な量の不要なデータは、サイバーセキュリティの監視効果を低下させる

膨大な量の不要なデータは、サイバーセキュリティの監視効果を低下させます。

企業・組織は、あまりにも膨大なデータを長期間保持しており、そのデータの中には不要なデータも含まれています。こうしたサービスの提供に関わりがなく必要のないデータや環境内の不要な機密データなどは、削除することを推奨します。

削除することで、IT設備の占有領域(メモリ使用量等)が削除され、保護すべきプライバシーなどの範囲が狭まるため、ITコストを削減することができます。