高度な持続的脅威(Advanced Persistent Threat,APT)

高度な持続的脅威(Advanced Persistent Threat,APT)について書きます。

高度な持続的脅威(Advanced Persistent Threat,APT)は、標的型サイバー攻撃で、高度なレベルの専門知識と重要なリソースをもっている攻撃者(敵)です。高度なレベルの専門知識で、企業・組織の重要なデータを盗むことを目的とする。もしくは、データを継続的に盗み出す。盗み出す際は、高度なレベルの専門知識を備えているために、侵入者(サイバー攻撃者)はネットワークに不正にアクセスし、長期間検出されないままになることがある。

定期的な侵入テストやネットワーク環境のリアルタイム監視などを行い高度な持続的脅威(Advanced Persistent Threat,APT)を防止する。