本物そっくりのメールとログインページ(フィッシング詐欺)。

news.yahoo.co.jp

 

この前、「「重要なお知らせ」と書かれた本物そっくりのメールが… フィッシング詐欺の巧妙な手口とは?」というニュースが報道されていた。メールの差出人が「NTT ドコモ」という名前になっており、本物と何ら変わらないメールが被害者の元へ届く。何も疑わない被害者は、メールに記載されている偽物の「dアカウント」のログインページを開く。このページも本物とほとんど変わらないので、本物のページと信用し、ログインしてしまう。このようなフィッシング詐欺が増えると、一般人はどのように身を守ればよいのかわからない。「怪しいメールは開くな」と言われているが、見分けようにもかなり難しい。

詐欺グループがどのようにして、「dアカウント」のログインページの作成方法などを知ったのかはわからないが、作ろうと思えば、簡単にフィッシング詐欺のページが作れてしまうので、今度もこのような事件が増える可能性はじゅうぶんに考えられる。