Kali Linux 2021.1にProxyChainsをインストールする

Kali Linux 2021.1にProxyChainsをインストールしてみます。

ProxyChainsは、TOR、HTTP(S)、SOCKSなどのプロキシを利用してTCP(Transmission Control Protocol)接続をリダイレクトし、プロキシチェーンサーバーを作成するツールです。

プロキシチェーンを使用することで、IPアドレスを隠すことができます。Kali Linux上でツールを使用しているときに、IPアドレスは表示されたままになりますが、Proxychainsを使用している場合は、IPアドレスが隠されます。

ちなみにKali Linux 2020.2(最新バージョン)では、プロキシチェーンがプリインストール(標準インストール)されています。またProxyChainsをインストールする際は、KaliLinuxにTorをインストールする必要があります。

なお、サイバーセキュリティ対策や情報セキュリティ教育が目的でツールを利用しますので、悪用・違法行為が目的はございません。ツールを利用することで発生したトラブルや損失、損害(ウイルス感染など)に対して、一切責任を負いません。

■PC環境

Windows 10 Pro

VirtualBox6.1

Kali Linux 2021.1(Debian (64-bit))

■Kali Linuxを起動する

クリックすると、Kali Linuxが起動します。起動後、ログイン画面が表示されますのでユーザIDとパスワードを入力し「Log in」ボタンをクリックします。

クリックすると、Kali Linuxにログインすることができました。

ログイン後、上部メニューになる「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

$sudo su

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。スーパーユーザ(root)権限に切り替えます。

■ProxyChainsのインストール

#apt install proxychains

切り替えた後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。ProxyChainsをインストールします。

Enterキーを押すと、インストールが開始され、途中で質問が出力されますが「Y」と入力し、Enterキーを押します。Enterキーを押すとインストールが再開し、しばらくすると完了となります。

■ProxyChainsの設定ファイルを確認する

#nano /etc/proxychains.conf

インストール完了後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。ProxyChainsの設定ファイルを確認してみます。

Enterキーを押すと、ProxyChainsの設定ファイルの中身が確認できました。

ファイルの一番下の行へ行くと、[ProxyList]という項目があり、「socks4 127.0.0.1 9050」と記述されていますが、これはデフォルトのproxychainsのトラフィックが、ローカルホスト127.0.0.1とポート9050を経由するということです。

Torを使用し、proxychainsを使用する場合は、「socks4 127.0.0.1 9050」の下に「socks5 127.0.0.1 9050」という行を追加します。