Kali Linux 2021.1でautovpn2を使用し無料のVPNに自動的に接続する

Kali Linux 2021.1でautovpn2を使用し無料のVPNに自動的に接続してみます。

autovpn2は、Linux用のVPNGate Client(OpenVPNに基づく)であり、2文字の国コードを示すことで、選択された国のランダムな無料VPNに接続することができます。

このautovpn2を使用することで、訪問するサイトから実際のIPアドレスを隠すことができるだけでなく、自分の国でブロックされているサイトを開くことが可能となります。

またOpenVPNはすべてのトラフィックVPNサーバー経由でリダイレクトするため、使用するツールはすべてVPNサーバー経由となります。

autovpn2は、Python2のインストールが必要です。

なお、サイバーセキュリティ対策や情報セキュリティ教育が目的でツールを利用しますので、悪用・違法行為が目的はございません。ツールを利用することで発生したトラブルや損失、損害(ウイルス感染など)に対して、一切責任を負いません。

■PC環境

Windows 10 Pro

VirtualBox6.1

Kali Linux 2021.1(Debian (64-bit))

■Kali Linuxを起動する

クリックすると、Kali Linuxが起動します。起動後、ログイン画面が表示されますのでユーザIDとパスワードを入力し「Log in」ボタンをクリックします。

クリックすると、Kali Linuxにログインすることができました。

ログイン後、上部メニューになる「ターミナルエミュレーター」をクリックし、ターミナルを起動します。

$sudo su

起動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。スーパーユーザ(root)権限に切り替えます。

■autovpn2のインストール

#apt install openvpn

切り替えた後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。依存関係であるopenvpnをインストールします。

#git clone https://github.com/ruped24/autovpn2.git

インストール後に、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。リポジトリをクローンします。

Cloning into 'autovpn2' ... remote: Enumerating objects: 392, done. remote: Counting objects: 100% (190/190), done. remote: Compressing objects: 100% (190/190), done. remote: Total 392 (delta 60), reused @ (delta 6), pack-reused 202 Receiving objects: 100% (392/392), 102.95 KiB | 885.00 KiB/s, done. Resolving deltas: 100% (124/124), done.
#cd autovpn2

クローン後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「autovpn2」ディレクトリに移動します。

#mv autovpn2.py /usr/local/bin/autovpn2

移動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。「autovpn2」内のautovpn2.pyを移動します。

■autovpn2のインストール確認

#autovpn2 -h

移動後、上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。autovpn2にヘルプはないのですが、インストール確認のために起動してみます。

Enterキーを押すと、「[autovpn2] getting server list」といったメッセージが出力されます。これでインストールの確認は完了です。

■autovpn2を実行する

#autovpn2 us

完了後、autovpn2を実行してみます。上記のコマンドを入力し、Enterキーを押します。今回はオプション「us」を使い、米国(USA)の無料VPNサーバーを検索し、接続します。なお、国のコードはこちらを参考にしています(https://en.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-2)。

Enterキーを押すと、接続が開始され、「Initialization Sequence Completed」と出力されます。これが表示されれば、接続が正常に確立され、VPN経由でネットワークにアクセスできます。

接続後、検証のために、WebブラウザFirefox)を起動し、IPアドレスを確認しようと試みましたが、「Server Not Found」というエラーが表示され、接続できませんでした。

VPNを停止する

CTRL + c

接続できませんので、VPNを停止します。停止する際は、上記のショートカットキーを使います。

autovpn2が起動しているターミナル画面で、ショートカットキーを使うと、「[autovpn2] try another VPN? (y/n)」と表示されますので、別のVPNを試す場合は「y」を入力、終了する場合は「n」を入力します。入力後、Enterキーを押します。今回はnを入力します。

入力後、他の国の無料VPNサーバーを検索してみましたが「Country code not in Server list(国コード サーバーリストに存在しない)」と出力されてしまいました。全ての国を試したわけではないですが、サーバーリストが存在せず、接続できませんでした。

今回はここで、autovpn2を使用したVPNサーバーへの接続の検証を終了します。