メッシュアーキテクチャの採用

www.thenationalnews.com

「Top cyber security predictions for 2022 and beyond(2022年以降のサイバーセキュリティのトップ予測)」という記事が公開されており、この記事の中で興味深いことが書かれていたので、紹介する。米企業であるガートナーによると、多くの組織がメッシュアーキテクチャ(柔軟性があり、広く分散したセキュリティサービスを統合するアーキテクチャ)を採用すると、セキュリティインシデント(機密情報の流出などの危難が発生する恐れがある事態)による財務的影響が2024年までに平均90%削減されると報告している。確かに、広く分散したセキュリティサービスを統合するものがあれば、セキュリティを行う上では、とても重宝する。