データのプライバシーの重要性は年々増す

ハッカーサイバー攻撃者は、企業、組織の顧客の個人情報を狙っています。その後、奪いとられた情報は、ダークウェブで販売するか、クレジットカードの詳細などの情報を個人的な利益のために使用する。ハッカーサイバー攻撃者たちの攻撃手法もあの手この手を考えて行われており、その手法も高度化しているため、2022年も、データのプライバシーの重要性は増す。多くの企業、組織がデータのプライバシーを優先しており、EUでは、GDPR(一般データ保護規則)により、企業がデータを収集、使用、保存、および削除する方法について、厳格なルールが設けられている。米国においても、専用のデータセキュリティ計画を持っていない企業との協力は拒否されることもある。日本においても、海外のこのような動きにあわせて、現状より、厳格なルールが設けられる可能性はじゅうぶんに考えられる。