ディープフェイク技術の向上により、デジタル詐欺の防止が難しくなる。

メディアを操作して既存の画像や映像を他人の似顔絵に置き換えるディープフェイク技術は、昨今流行っているが、この技術が向上することで、デジタル詐欺の防止が困難なものになっていくことが予測される。ディープフェイク技術を用いたデジタル詐欺を防止するためには、デジタル署名の適用や特定のハードウェアへのデータソースの検証などの手段が必要である。