監視ソフトウェアを導入してもセキュリティが弱くなるケース

企業や組織がパソコンに監視ソフトウェアを導入すると、従業員は自分の機器(デバイス)を代わりに使用するようになり、セキュリティが弱くなる場合もある。業務上不適切なソフトウェアはブロックされ、利用が制限されるので、これらのソフトウェア以外を利用する場合は、自分の機器(デバイス)を使用するしかない。そこを、サイバー攻撃者は狙っている可能性はじゅうぶんに考えられる。