サイバー攻撃は過去12か月で増加している。(2021年のサイバー攻撃の傾向)

www.arcistg.com

「Cyber Security Trends For Ransomware And Cyber Insurance In 2022(2022年のランサムウェアとサイバー保険のサイバーセキュリティトレンド)」という記事が公開されており、この記事の中で2021年のサイバー攻撃の傾向として、12ヶ月の間にサイバー攻撃は増加していると報告されている。さらに厄介なのは、攻撃自体がより高度なものになっているということである。今年は、世界的なCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行により、企業、組織が在宅勤務を許可し、労働者が在宅勤務へシフトしたことで、このことを悪用し世界のサイバー攻撃は増加している。さらに以前として、ランサムウェアの攻撃も増加している。特に、三重脅迫と呼ばれる攻撃手法の革新で増加している。

三重脅迫(Triple extortion、Triple blackmail)とは、犯罪者は攻撃された組織だけでなく、流出したデータによって損害を受ける顧客やユーザーなどの第三者にも身代金要求書を送るもの。