サイバーセキュリティとデジタル資産

www.helpnetsecurity.com

「2021 will be a record-breaking year for data breaches, what about 2022?(2021年はデータ侵害の記録的な年になりますが、2022年はどうでしょうか。)」という記事が公開されており、この記事の中で暗号通貨は主流になってきており、NFT(または非代替トークン)も注目されるようになってきているが、これらのようなデジタル上での合法的な取引、および合法的な資産が受け入れられるようになると、どちらもサイバー攻撃の標的になり、安全な資産であるはずのものが、実際に脆弱であることが明らかになる可能性が出てくると書かれている。確かに、これらは、デジタルで、表面上は安全で不変の資産だが、脆弱性が見つからないとも限らないが、これは現実の世界でも紙幣や硬貨が詐欺や強盗などにより、盗み取られることと変わりないと考える。「デジタル」と「現実」とは違いとは、そこら辺を改めて考えてみると、セキュリティ対策も練りやすいと考える。