ソーシャルエンジニアリングの恐怖

ハッカー、もしくはサイバー犯罪者は、人を操作することで、誰からも何も疑われることなく、個人や組織・企業のコンピュータシステムに完全に侵入することができます。しかも、このソーシャルエンジニアリングは、世界では、毎日数千万件を超える、試みが行われており、その数は大幅に増加すると予想されています。

また、このソーシャルエンジニアリングは、サイバーセキュリティの専門家やプロフェッショナルにとっては、追跡が難しいです。