クラウド侵害の最大95%がヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)

クラウド侵害の最大95%がヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)であることについて書きます。

サイバー侵害の原因のほとんどがヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)という記事も書きましたが、IT分野を中心とした調査を行う米国の企業ガートナーの調査では、クラウド侵害の最大95%が、構成ミスなどのヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)が原因で発生すると推定している。

クラウドベースのアプリやシステムを利用する場合は、クラウド・プロバイダーが、さまざまなアクセスおよびID制御ツールを提供しているので、これらを活用することを推奨する。また、クラウド・プロバイダーは、ある程度のログおよび監視ツールを提供していることが大半なので、これらを使用し、不正または異常なアクセスを検知し、サイバー攻撃(犯罪)を未然に防ぐ。