サイバー侵害の原因のほとんどがヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)

サイバー侵害の原因のほとんどがヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)ということについて書きます。

thehackernews.com

 

上記の記事では、IBMが130カ国以上の何千もの顧客の間で発生したサイバー侵害の調査結果が書かれている。

書かれている調査結果を見て驚くのは、「全侵害の95%で、ヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)が主要な原因となっている」ということである。ヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)が要因でなければ、仮に20件のサイバー侵害のうち、19件は起こらなかった可能性がある。

このため、サイバー侵害、サイバー攻撃では、ヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)は大きな役割を果たしていることがわかる。大きな役割を果たしているため、ヒューマンエラー(人為的過誤や失敗)に対処することは、企業・組織において標的(ターゲット)とされないための重要な鍵となる。