ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)のリスク軽減するには従業員を教育する

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)のリスク軽減するには従業員を教育する必要があることについて書きます。

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)の攻撃が発生し損害のリスクが発生しないようにするためには、会社員・従業員・労働者にフィッシングメールの見分け方を教え、フィッシングメール内のリンクをクリックさせようとする脅威者(サイバー攻撃者,犯罪者)の手口について、教育する。

しかし、教育しても、従業員が100%教えられた情報を吸収・理解できるかといえば、そうではありません。なので、普段からトレーニングを行う必要がある。